So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Mikasa Drawing Office ジオシティ出張所には、MRO用のサーキット、カースキンなどを展示しております。
気軽にお立ち寄りください。

SUPERGT2010スキン、随時制作・更新中。DOWNLOADはこちらから。

FNシリーズ、リザルト&リプレイ。Downloadはこちらから。

前の10件 | -

ブログ移転のお知らせ [その他]

以前より検討をお伝えしてきたブログ移転ですが、ようやく引越し先が決まりました。

次の移転先はこちらになります。

http://mikasadrawingoffice.seesaa.net/

 

seesaaはFC2やアメブロみたいに有名ではないのですが、使いやすさが売りみたい。

HTMLやCSS編集も自由に出来るし、

so-netで出来なかったBMP画像や大きい画像(サーキットとか)の貼り付けもOK。

これでいちいちブログ用に画像を加工する手間が省けるし、

カースキンに関してもそのまま右クリックの画像の保存で落しててもらえるようになります。

あと、一番大事なのは軽いこと。

so-netは重たすぎて書いた記事がアップ出来ずに消えてしまうことさえありました。

seesaaも昔は重かったとのことですが、最近の評価を見ているとずいぶん軽くなったみたいです。

一番軽いというほどではないと思いますが、サーバーの増強をしている姿が見えるのはいいですね。

ついでに言うと、so-netブログと管理画面がほぼ一緒ってところも選考のポイントでした。

so-netがseesaaのシステムを使ってるってことらしいんですけどね。

ちょっと使ってみた感じでは完全に一緒ではないみたいですが、

使い方などで悩まなくていいのは非常に助かります。

でもなぜか双方のブログインポートはサポートしてないらしい。

S○ny系はなんでも独自フォーマット使いたがるからそのせいかな?まぁいいや。

 

さて今後の記事につきましては、上記新アドレスでの更新となります。

ブックマークの変更やリンクの貼り直しなど、皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますが、

今後ともMikasa Drawing Officeを何卒よろしくお願いいたします。

なお、こちらのブログはso-netから消されない限りそのまま残します。

過去記事を読みたい時などにご活用ください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

GT300完成 [その他]

ブログの左側一番下に「タグクラウド」を追加しました。

てゆーか、何でこれまでこの欄を設けなかったんでしょうね。自分でも不思議です。

これで昔の記事を読みたい時に、だいぶ探しやすくかと。まぁ自分用です。

 

GTスキン、一気にいろいろ描いてみた。

present_NAC.jpgpresent_ishimatsu.jpgpresent_hankook.jpgpresent_chinecitta.jpgpresent_bomex.jpg

NACF430、石松911GT3、HANKOOK911GT3、TAISAN911GT3、BOMEX Boxterです。

NACフェラーリは前に描いたJIMGAINERと殆ど見分けがつきません。

一応スポンサーロゴとかは違うんですけど。

本物も見分けつかないみたいだからまぁいっか。

911はベース車両が出来上がっているので、色の塗り替えが主な作業。楽チンです。

でもHankookだけは雰囲気が出ない。カラーリングが側面中心で上から見たらほとんど真っ白。

こういうのは難しい。

Boxterはベースが違うので一から書き直しました。なんかポルシェぽくないけど、まぁいっか。

 

てことで、SUPERGT2010GT300クラスはこれにて完成です。

gt300_2010.jpg

Downloadは記事上のリンクからお願いします。

こうやって22台を並べてみると、それなりにそれぞれ違った形になってるようで何よりです。

やっぱマッハ号とかEVAカローラとか、カラーリングとか形が分かりやすいマシンが楽でいいですね。 

本当はあと1~2台マシンが残ってるんですが、まだ公式HPに写真が掲載されていませんでした。

写真が追加されたら製作しようとか思ってます。

 

次はいよいよGT500。

HSV以外は09スキンからあまり変わらないのが多いのですが、今回は全部作り直します。

てゆーか、09のGT500はアスペクト比がおかしいんですよね。正直失敗作でした。

その辺も含めて、もう少しそれっぽく見えるスキンを作りたいです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

スモーキーハミ○トン [その他]

ハミ○トンのこういう所は好き 

サーキットの出口でファンサービスでバーンアウトやったら、ポリに見つかったとかなんとか。

これぐらい大目に見てやればいいのにね。

 

GTスキン。前に作ったけど気に入らなかったのを作り直し。

present_BANDOH.jpg ⇒ present_BANDOH.jpg

present_amemiya.jpg ⇒ present_amemiya.jpg

坂東ALTEZZAと雨宮RX-7

SGT発足当初からGT300を引っ張るこの2台、やっぱ手を抜くわけにはいかんかと。

前のが酷過ぎたってのもありますが、ALTEZZAはかなり良くなったと思います。

RX-7は、まぁマシになったかなって程度。原因が分からないのでこの辺でご勘弁。

さっき気づいたのは、昨日は新しいスキンを紹介したのにZIPの更新を忘れてたこと。

今日は昨日の分もまとめてアップしたので大丈夫。だと思います。

Downloadは記事上のリンクからどうぞ。

 

バーンアウトってのがよくわからない人はこの動画をご参照ください。

昔、とある超有名なF1ドライバーがとある国でスピード違反で捕まった時には、

サイン(切符じゃなくて普通に)と握手だけで無罪放免されたそうで。

めんどくさい時代になったもんだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

GTスキン4台とかFNシリーズ前半戦回想とか [その他]

まずはSGTスキン。

present_tripleA.jpgpresent_jloc86.jpgpresent_jloc87.jpgpresent_RIRE.jpg

左からTripleA V8、JLOC#86RG-3、JLOC#87RG-3、RIRE#88RG-3です。

V8ってのはアストンマーチン。09でGT500に出てたDB9とはまた違うクルマみたいです。

詳しくはこちら等をご覧ください。

前々回の記事で「あとはアストンマーチンだけ~」てなことを書いてたんですが、

ランボ三兄弟のことをすっかり忘れておりました。

日本のランボルギーニのほとんどはここに集まってるんじゃないかな、って感じのJLOC。

昔からSGTにでてるけど、このご時世に3台も出せるなんてどんだけ資金が豊富なんでしょうね。

スポンサーも少ないし、お金持ちのランボオーナーが出資してるのかな。不思議です。

今年は09と違って同じマシンが3台、カラーリングもほぼ一緒。コピペで作れるので楽チンです。

 

FNシリーズ前半戦の回想

第6戦まで終わったところでシリーズ2位ですよ奥さん。

しかも表彰台3回なんて、ここしばらくない好成績。

原因を色々と考えてみたけど、ベテランの強い人が少ないとか特殊なシリーズだからとかかな?

このシリーズはいつものように速く走れば勝てるレースじゃないってのがミソ、

タイヤ戦略と燃費調整技術が必要不可欠になってます。

したがって、ここまでの好成績はひとえに私の技術の賜物と言っても…

あ、すみません、ほんの冗談です。ごめんなさいごめんなさいごめんなさい。

っていっても、1位のFujiyamaさんにはダブルスコアの大差で置いてかれてるんですけどね。

ふじやん強いよふじやん。6戦中4勝、50ptなんてそうそう取れるもんじゃありません。

このままのペースでいけば、第8戦のもてぎでシリーズ制覇が決まる計算になります。

そろそろ手綱を緩めてもいいころだと思いますので、1年以上勝ってないYに勝ちを譲ってやってください。

 

最初は出走5台で始まったFNシリーズですが、今や登録10台。第6戦は9台でのレースとなりました。

この辺境ブログでがんばって宣伝した甲斐があったのかもしれません。なかったかもしれません。

後半戦も集計やレビューなどでお手伝いできればと思います。

んでそのレビュー。たぶん次回から時系列に戻します。

ドライバー毎にまとめた方がみんな紹介できるし文章も簡潔になるかなと思って変えたんですけど、

一人ずつ書こうと思うとその人数分リプレイを見なければならないことに気がついてしまいました。

時系列だと1、2回で済むのに、前戦菅生は少なくとも9回見ないと書けませんでした。

全部見て書き終わったら朝になってやんの。変にやり方変えるもんじゃないね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

FNシリーズ第6戦菅生レビュー [えふぽん!]

FNシリーズは折り返しの第6戦を迎え、この春改修を受けたばかりのスポーツランド菅生には、

今季最多となる9台のマシンが終結して熱い火花を散らした。

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

GTスキンとか [その他]

GTスキン 

present_garaiya.jpgpresent_jimgainer.jpg

ガライヤとJIMGAINERフェラーリ。

ガライヤはやっぱり直しました。少しマシになったかも。

フェラーリはまずまず。後ろ周りがちょっとだけ気に入らないけど、たぶん直しません。

どうでもいいけど、ジムゲイナー⇒ジェイアイエムゲイナーに呼び方変えてたんですね。

素直にチーム名変えればいいのに。やっぱ裏では今でも繋がってるのかしら。

スキンはいつもどおり、上のリンクからDownloadしてください。

あとはアストンマーチン描いたらGT300全車種制覇なんですが、

ポルシェとかいっぱいあるマシンの量産が残ってます。めんどぃ。

 

FN富士

レーススタート直前の欠場となってしまい、大変ご迷惑をおかけしました。

当日は昼間からちょっとドタバタしていたのですが、あの時間になって再度呼出され、

離席せざるを得なくなってしまいました。

関係者の皆様には、改めてお詫び申し上げます。 

 

FN菅生

今度は大丈夫。たぶん。

全戦出場の目標が早くも崩れ去ってしまったので、今後はシリーズ中1勝を目標に掲げます。

実はシリーズ戦ではしばらく勝ってないんですよね。

調べてみたら昨年4月のHC Formulaで1回勝ってるだけ。

ハンデ無しレースだと、たぶんFormula γ 5th。いつやったシリーズだったか覚えてません。

少なくとも1年以上は勝ち星から遠のいてます。まるでひじを壊したピッチャーみたい。

そろそろ勝ちたい。そしてカムバック賞とってドキュメンタリー番組の特集組まれたい。んなもんないけど。 

てなわけで、勝利に飢えてるYashimaを勝たしてやって下さいませ。基本他力本願です。

 

新コース

そろそろサーキット作りたい虫が湧いてきました。次の予定はコレ。

fuji92.jpg

FISCOは最終コーナーから直線まで全開時間が長いので、やっぱりMRO向きだと思うんですよね。

ダメだったのは作者の画力ぐらいなもんです。いや、今でも良くはないけど。

コースの向きが前と正反対なのは、画面左上を走るとリプレイが止まるのを避けるため。

公式富士の最終コーナーや鈴鹿の1コーナーなど、画面の左上を走るとリプが止まっちゃいます。

あれってなんとかなりませんかねぇ。

Aコーナー~100Rはこの形でほぼ確定。100Rに関してはかなり自信あり。

ヘアピン~Bコーナー~最終コーナーは多分いじります。形とか位置とか微妙に気になる。

まぁ作るとしてもかなり先の予定。今んところ構想というより妄想止まりです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

FNシリーズ第5戦富士レビュー [えふぽん!]

FNシリーズは第5戦を迎え、快晴の富士スピードウェイで熱いバトルが繰り広げられた。

 

優勝 Fujiyama(予選3位) Zakospeed Racing

Q2進出を果たしたFujiyamaは3番手からのスタート。

レースでは1周目でトップに立ったが、2周目にミスを連発して最下位に転落してしまう。

しかしすぐに体勢を立て直して徐々に順位を回復し、10周目にはYassanをかわして首位奪還。

その後、中盤までは2位以下とのバトルが続いたものの、

最後は徐々に後続を引き離しながら今季4度目のトップチェッカーを受けた。

 

2位 Takomax(予選4位) K_ON

予選を4番手で終えたTakomaxだったが、序盤で2位に浮上するとトップを窺う位置でレースを進める。

しかし、何度かメインストレートなどで並びかけるも完全に追い抜くまでには至らず、

2位争いが激化したこともあり最後までFujiyamaをとらえる事は出来なかった。

2位表彰台は今季2度目。ポイントランキングでも2位に浮上した。

 

3位 Mmngu(予選PP) Arakawa Under the Bridge

予選は圧倒的な速さを見せつけたMmngu。Q1から唯一47秒台を叩きだしてPPを獲得した。

スタートも抜群の加速でホールショットを奪ったものの、ダンロップコーナーでまさかのポールヒット。

一度は順位を落としたMmnguだったがその後も上位グループで走行を続け、中盤以降はTakomaxと2位を争った。

最後は3位でフィニッシュ。最終ラップではFLを記録した。

 

4位 Yassan(予選2位) tanasinn racing

Q1から速さを見せていたYassanはフロントローからのスタートとなった。

スタートでは少し出遅れたものの、2周目にはトップに立ってレースをリードする。

10周目にFujiyamaに追い抜かれてからも暫くは2位グループを形成、

ピットイン後は上位のペースに遅れを取ったものの、今季最高の4位でフィニッシュした。

 

5位 Esuran(予選5位) Oraora

フリー走行中、何度もマシントラブルに見舞われたEsuranは、予選はQ1敗退に甘んじる。

決勝は安定したペースでの走行が続き、一時は4位のYassanとの差を詰めるなど、

マシンの状態が上向きであることをアピールした。

Esuranは今季初入賞、2ptを獲得した。

 

DNS Yashima(予選タイム抹消) Zakospeed Racing

フリー走行、予選と無難な走行を見せ、4番グリッドを獲得していたYashima。

しかし、フォーメーションラップ直前のグリッド上でハイドロリック系トラブルが発生。

急遽ピットに戻るも修復不可能と判断され、レースをスタートすることなく富士を後にした。

 

05_start.jpg 

05_result.jpg

次戦第6戦は5/22。先日リニューアルしたスポーツランド菅生での開催となる。

新生菅生はレイアウトは以前と全く変わらないものの、縁石の配置やピットロードに微妙な違いが生じている。

前半戦最後のレース、勝利の美酒で締めくくるのは果たして誰か。

 

※今回のレビューから、ドライバーごとにまとめて書くことにしました。

時系列だと長くなっちゃって、自分で書いてても読むのめんどんで。

レース内容を詳しくご覧になりたい方は、上記リンクからリプレイとリザルトをDownloadしてください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

FNシリーズ第4戦AUTOPLISレビュー [えふぽん!]

 FNシリーズは第4戦、舞台を九州のAUTOPOLISに移して開幕した。

レース前の記者会見では、EsuranがOraoraから参戦することが発表された。

EsuranはSUPERGTシリーズに参戦し、第2戦では2位表彰台も獲得した実力派ドライバー。

久しぶりのシリーズ復帰、しかも新興チームということで準備不足感は否めないが、

重いマシンを操ることに長けていることは証明済みなだけに、今後の活躍に期待が集まる。

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

徒然なるままに [その他]

つれづれなるままに、その日暮しのYashimaです。

今日は色々と徒然草的にいこうかと思います。ブログですし。

第4戦のレビューはあとで書きます。たぶん。

 

トヨタ、F1復帰の意向はなし  

あっそう、へー。

むしろ、プリウス叩かれてアメリカさんにお金たくさん払う約束しちゃったんだから、

そっちの方でまぁがんばってくださいね、と。

トヨタはやっぱレース向きの会社じゃないかも。即決できない体質。

きっとピットインの指示を出すのにハンコが10個ぐらい必要なんでしょう。

ホンダはもうちょっとみそぎをお願いします。

んで1.5Lツインターボになったら是非、「エンジンサプライヤ」として復活してください。こっちはちょっとみたい。

チームは英国人に騙されて乗っ取られるから、もう諦めた方がいいでしょう。

 

ミハエルさんのアレ

モナコは見応えありましたね。

アロンソがガンガン後ろから攻めるシーン。

スピード差がかなりあるとはいえ、やっぱあーゆーシーンは見てて面白いです。

あと面白かったのは、何と言っても最後の最後。

あれって結果としては、チームのミスだったってことなんでしょうかね。

ニコとミハエルは「抜いてもOK」ってピットから言われたから抜きにかかったんでしょうが、

他のドライバーはチームから「そんなことするなよ」ってクギ刺されてたみたいですし、

最終的には各チームのレギュレーションの解釈がバラバラだった、ってことで落ち着いたみたいですね。

これを今後どうするかは、実際にF1にいる人たちが決めればいいのでどうでもいいのですが、

実際に草レースをしている側から言わせてもらえば…

あんなところで抜いていいわけねぇだろ ってところでしょうか。

F1ドライバーは世界のトッププロだから多少の危険は回避できるしいいのかもしれませんが、

例えばあれと同じことを私が出ているような素人レース大会でやったとしたら…

最終コーナーで廃車の山が積みあがること間違いなしでしょう。

SCがピットライン跨いだら抜いてOK、というルール変更も理解しがたいです。

コントロールラインまでは抜くなよ、って方が普通ですし明確で分かりやすい。

最後に、20秒加算がやり過ぎかどうかに関しては…

誰かさんが16年前の恨みを忘れてなかったってことでしょうかね。ご愁傷様です。

 

新シリーズ構想

FNシリーズがまだ中盤なので、あくまで構想、ってより妄想。

SUPERGT、またやりたくありません?

いや、自分がスキンいっぱい作ってるからって意味じゃないんですよ。本当ですよ。 

最近、ちょくちょくたこさんとかと話すんですよね。またやりたいねーって。

アレやったのってもう2年前?楽しかった思い出が多い割に、意外とそのあとやってないんですよ。

当時は燃料80ltrが最高だったけど、今はさらに積めるからハンデでもっと重くなります。

よってふだんは上位の人も下位に落ちやすく、下位の人が上位に行けるチャンスが生まれます。

あと、私がシリーズを開催するときに必ず入れるBot。これ混ぜたい。

GT300クラスとしてむちゃくちゃ遅くしておけば、走るシケインと化してくれることでしょう。

大丈夫、ちゃんとヒ●ミも作っておくから。

もう一つ、一人で勝手に妄想してるのがオーバルシリーズ。

そろそろやりたくありません?いや、前回のチャンプだからってんじゃないですよ。ほn(ry

やっぱり不確定要素としてのSC導入が面白いんですよね。運も実力のうちレースです。

あと、くねくね曲がったコースは苦手な人でもオーバルは楽しいって人、たくさんいると思います。 

そんな人のためにもオーバルシリーズは復活させたいです。

んでね、SCはいつもの乱数表に加えて「黄旗が出ればとにかくSC出動」ってしたいんですよ。スピンの時とか。

黄旗の数が前より増えるかもと思いますが、周回数を80周ぐらいにすればさほど気にならないと思います。

1周30秒のコースとしても40~50分程度でレースが終わります。耐久だと思えばいいかなと。

でも、そうするとわざとスピンしたりする人が出そうなので、

黄旗原因の人は強制ピットイン+ピット出口前の黄旗が振られないところでSC隊列の1LAP遅れを待つことにします。

これでやると黄旗原因は確実に1周遅れにされるので、迷惑を被った人もまぁ怒るまではいかないと思います。

スピンした側にしてみても給油とタイヤ交換+マシン修復時間だと思えばそんなもんでしょうし、

IRLみたいに完走すればそこそこのポイントがつくようにすれば、腐ってリタイヤする人もあんまりいないでしょう。

ルールが複雑すぎて分かりにくいとか言われそうです。自分で書いてても結構めんどいかなと思う。

SCとスポーティングディレクターは、専属の人がいないと成立しないかもしれませんね。

まぁどっちにしても、やるとしたらかなり先の話。

FNのあとはFIAGTとかBravoとかそっちがあるだろうし、どうせすぐにやっても人集まらないし。

焦らして焦らしてもう待てーんってなったらやりたいな。とかあくまで妄想が暴走。

 

FNシリーズ

楽しい。むっちゃ楽しい。

燃料無給油なのに戦略性が高くてオーバーテイクが多い。

意外でした。もっと走行会レースになると思ってた。

重タン時の走りをどうするかと前半後半のどちらにウェイトを置くかで、

それぞれセッティングがだいぶ違うようで、そのせいでオーバーテイクしやすいみたいです。

給油ありのスプリントレースだとピットインを遅らせるほど上位に行けるのが定石かと思いますが、

給油なしだとレース1/3程度でピットインした方が上位に行ける時もあるんですよね。

かと言ってあまりタイミングが早すぎると、最後にタイヤが終わって逆転されたりとかあるし。

奥が深いよFNシリーズ。

 

私自身は、シリーズ戦序盤の4戦終わってポイント2位。4戦中3回の2位表彰台。

こんな好成績オーバルシリーズの3連勝以来ですたぶん。自分でも意外すぎます。

練習量増やしたからそのおかげかも。このシリーズ中、他のことは完全に置いてますし。

サーキットもこれっぽっちも描いてません(スキンはちょっとだけ描いてるけど)。

目標はシリーズ制覇。今回は結構狙ってますよ。とか言いつつ2位ですが。

ZakospeedとしてはFujiyamaさんが絶好調です。黒旗2連発以外は全部勝って3勝。

チームメイトとしては大変嬉しいのですが、私も止め方が分かりません。

今度、ドリンクに下剤でも入れておきましょう。気のせいですよ何も言ってませんよ。

 

FNシリーズのレビューを書くときにリプレイを見ていて、ちょっと気がついたこと。

オーバーテイクシーン、リプレイで見ていもなかなか見応えのある場面ばかりで面白いです。

ただその一部で、前のクルマを抜いた後すぐにレーシングラインに戻ってしまう人が散見されます。

具体的には下図の×のような抜き方。

overtaking_manners.jpg

次のコーナーをアウト・イン・アウトで曲がりたかったり、

抜いたマシンをブロックしたい気持ちは分からないでもないのですが、

オーバーテイク中にラインを変える行為は、

ハミ●トンに代表されるマナーの悪いドライバーがよく指摘されることであり、

現在のMROはラグが問題になっていることからも、ちょっと危険な行為と言わざるを得ません。

実際にリプレイを見ていても、

オーバーテイクしたマシンがラインに戻るのが早すぎて、抜いたと思ったマシンのフロント部分に接触し、

結果的に後ろのマシンの加速を妨害してしまっていることがあったようです。

おそらく抜いた方に悪気はなく、ラグによるマシン位置の相違が原因かと思われますが、

抜かれた方からしてみれば、オーバーテイクしたいドライバーの顎とエゴとも捉えられかねません。

ドライバーの方々には、ドライビングマナーの再確認をお願いしたいと思います。

あんまり顎をエゴをむき出しにすると、スチュワードにペナルティ喰らっちゃいますよ。

 

FNシリーズ、次は富士です。

普通のシリーズでも1コーナーが鬼門になるコースですから、重タンレースではさらに危険なにおいがプンプンします。

でも、富士の醍醐味は何と言ってもストレートエンドでのオーバーテイクとハードブレーキングですから、

その辺は遠慮なしにガンガン踏んでいくと面白いかと思います。ぶつかったら道を譲りましょう。

ピットレーンが長いから燃料ギリは危ないかも。ガス欠にも注意しなきゃね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

GTスキンと第3戦回想 [その他]

GTスキン追加の4台です。 

present_Shiden.jpgpresent_MT900.jpgpresent_garaiya.jpgpresent_amemiya.jpg

左から、紫電、雷アジア、ガライヤ、雨宮RX7。

紫電は09のが気に入らなかったので作り直しました。ちょっとはマシになったかも。 

サンダーアジアのマシンは新規制作。モスラーMT900というアメリカンなマシンです。

このチーム、外国のチームだから探し切れなかったのかもしれませんが、

チームロゴどころかHPも見当たりません。怪しすぎないか。

我来也はカラーリングが変わってるので、色を全見直し。

そのせいか、09とはまったく違うクルマに見えますが気のせいです。

RX7は09とほぼ同じです。陰影を少し直したぐらいでしょうか。

Downloadは、記事の上にリンクを設けたのでそちらからどうぞ。

アップはしたものの、なんかガライヤが気に入らない。気が向いたら直します。

 

FNシリーズの第3戦は、レビューでも書いたとおりの大激戦でした。

むしろレビューでは書き切れませんでした。

レース当初からRinmanさんのプレッシャーに耐えつつレースを進め、

最後の接近戦は10周以上に渡り、ほぼ1秒以内に4台がひしめき合っていました。

過去を振り返っても、これほどのバトルは記憶にありません。ホント楽しかったです。

最後のバトルだけでも、誰かyoutubeにアップしてくれないかなぁ…

ご覧になりたい方は、前回記事のリンクからリプレイ持ってってください。

 

本日、FNシリーズは第4戦、オートポリスです。

戦略幅が意外と広そうな今日のレース。S2の攻略がカギかな。

それにしても、コースが難しすぎてタイヤが持ちません。

誰だ、こんな難しいコース作ったやつは。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム
前の10件 | -


 

 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。